オレガオモウコト

俺の愛している人は、結婚しています。

旦那からの電話

年に数えるほどしかないけど、彼女が俺と一緒にいる時に旦那からの電話を取る事がある。

でも、俺の目の前では話さず、車から降りて少し離れた場所で。

車が止められない時は俺の隣で電話に出る。

以前は俺と一緒にいる時は電話に出ずに折り返し掛けていたけど、着信音が鳴っている間、彼女が申し訳なさそうな表情をするのが可哀想で、俺は「出ていいよ」と彼女に言った。

それからは、掛かってきたらすぐに出るようになった。

 

彼女が旦那からの電話に出る理由は、緊急の連絡かもしれないからという事。

それだけ、普段あまり電話を掛けてこないらしい。

正直、彼女と旦那が話しているのを聞くのは愉快な事じゃない。

でも、もし彼女が言うように緊急の連絡だったら、すぐに彼女を送り届けないといけない。

だから、俺は割り切るようにしている。

 

彼女は、俺が独身で自分と同じ立場じゃない事を気にしている。

多分、俺も同じように既婚者だったら、俺に対して少しは気持ちが楽だったかもしれない。

いつも自分の都合で会ってもらっている、そう前にも言っていたし、俺に何かあってもすぐに飛んで行けないと、悲しそうに話していた事もある。

俺には、その彼女の辛さや歯痒さがわかる。

だから、彼女を責める気は毛頭無い。

 

彼女が結婚して子供を産み、俺が離婚をして一人で生きていたから、あの日あの時、あの場所で出会う事が出来た。

もしその瞬間までのお互いの生き方が一つでも違っていれば、俺たちは会えなかった。

そう考えれば、出会えた事自体が奇跡だと思える。

でも、俺たちはこうして出会うべくして出会った。

そう、俺は信じている。