オレガオモウコト

俺の愛している人は、結婚しています。

他に何も要らない

今日は雨。

でも、出窓の上に当たる雨音は、そんなに強くはない。

彼女が使っている傘は、俺がプレゼントしたもの。

彼女が雨に濡れて風邪をひかないように。

そう思って、彼女に渡したものだ。

その傘に包まれた彼女の姿を、もう少ししたら見る事が出来る。

 

好きな人と会える日は、自然と心が弾む。

それは、朝目覚めた瞬間から。

いや。

きっと、夢の中でも。

 

愛しい人と、時を共にする。

それほど幸せな事は無い。

 

想いが溢れ、その想いが叶う。

それがどんなに心を豊かにし、幸せを与えてくれるものか。

 

彼女を愛せる喜び。

 

俺はただ、それだけを感じていたい。

他に何も要らない。