オレガオモウコト

俺の愛している人は、結婚しています。

離れていても心の中に

 

「ちょっと、買い物に行ってくる。」

 

会えない日は、そんな小さな事でもメールで伝え合う。

会えない時間が、出来るだけ寂しくならないように。

 

 「気をつけてね。いってらっしゃい。」

 

彼女からのメールを確認し、俺は煙草に火を着けて車を出した。

 

一人でする買い物は、俺にとってかなりつまらない。

彼女と一緒なら、何時間でもスーパーの中を回っていられるのに。

 

そんな事を考えていたら、彼女からメールが届いた。

 

「プリン、食べたいなぁ。」

 

 

そうか。

よし。

 

俺は、スイーツ売り場へ直行した。

そして、彼女の好きそうなプリンを選びカゴに入れた。

 

「明日、一緒に食べような。」

 

そうメールをすると、彼女から笑顔の絵文字が返ってきた。

 

つまらなかった買い物が、彼女のおかげで少し楽しくなった。

まるで、俺の心を見透かされているようだな。

  

会えなくても、離れていても、いつも俺の心の中には彼女がいる。

柔らかい笑顔の、愛しい彼女が。