オレガオモウコト

俺の愛している人は、結婚しています。

我儘な俺

 

「目は口程に物を言う」

 

これ、本当にそうだなって思う。

相手の目を見れば、大抵その時の感情を読み取る事が出来るから。

 

相手が好きな人なら、尚更。

 

 

普段、俺たちはメールでやり取りをしている。

読んだか読んでないかで心を乱すようなLINEは、使わないようにしている。

 

いつもお互いのペースで無理なく会話をして、気持ちを伝え合う。

それで十分だ。

でも、所詮、メールもLINEも文字だけの表現。

たまに気持ちが伝えきれずに、繋がっていると感じながらも悶々とする時もある。

結局、会って相手の目を見て話す事が一番誤解を招かなくて済む方法だと思う。

 

会って、相手の目を見て話す。

すると、相手の言葉が返って来なくても気持ちがわかる。

わかろうとする気持ちがちゃんとあれば、それは十分に可能だ。

 

彼女は、感情表現が豊かでわかりやすいタイプ。

今日も、俺に心を開き感情を見せてくれた。

どんな事も、包み隠さず。

 

「私、佐藤さんと会う回数、減らした方がいいかもしれない・・・。」

「どうした、急に。」

「だって、ドライブしてても、お買い物に行っても、こうして抱かれても・・・。」

「うん。」

「なんだか、最近凄く疲れちゃうの。もう、あんまり出歩けないかも・・・。」

「それはね、結美。暑さのせいだよ。」

「そうなの?」

「そうだよ。だから、ずっと涼しい所にいれば大丈夫だよ。」

「そうかぁ。」

「そう。だから、会う回数を減らさなくてもいいんだよ。」

「なんだか、上手く丸め込まれたような気がする・・・。」

「気のせいだよ。」

 

彼女の場合、こうして言葉で伝えてくれる事が多いから、目を見なくてもわかってしまう。

っていうか、俺的に会う回数を減らされるのが嫌だから、気のせいじゃなく本当に丸め込んでしまった。

でも、大事な彼女だから、あまり無理をさせない方がいいのかもしれない。

俺と違って、彼女は暑さに弱いから。

 

それでも彼女を連れ出したいと思ってしまう俺は、相当我儘なのかもしれない。

それを知っていて、彼女はわざと丸め込まれてくれたのかもな。

 

俺の事を、誰よりもわかってくれている人だから。