オレガオモウコト

俺の愛している人は、結婚しています。

君が足りない

 

明け方、彼女からメールが届いた。

 

「どうしよう。眠れなかった・・・。」

 

 

「おはよう、結美。

 いいよ、昼まで眠っても。」

 

その後、彼女からの返信は無い。

徹夜の限界がきて、眠ったのかもしれないな。

 

今日、やっと彼女に会える。

先週の水曜日に会ったきりで、俺もある意味限界だ。

 

会いたくて会いたくて、彼女への想いが募り過ぎて困っている。

だから、実は俺も寝ていない。

会えるのが嬉しくて、彼女の顔が見られるのが楽しみで。

会えない時間が長過ぎたから・・・。

 

やっと、彼女に会える。

やっと。

 

結美

君が足りない。

俺の中の君が、まったく足りてないよ。

 

俺のせいだけど、本当に、会えないのが辛かった。

きっと、君も同じだよね。

 

早く会いたい。

でも、君が目覚めるまで待つよ。

今度は俺が待つ。

君を、沢山待たせてしまったお詫びにね。

 

その代わり。

会えたら離さない。

ずっと、離さないからな。