オレガオモウコト

俺の愛している人は、結婚しています。

愛しているのなら

 

彼女が、少しずつ心の中を見せ始めた。 

俺は、彼女のすべての想いを受け止めるつもりで、耳を傾けた。

 

 

彼女の苦しみ。

彼女の悲しみ。

彼女の迷い。

 

色んな想いが交錯する中で、俺との別れを必死に選択した彼女。

 

俺は、自分の心を彼女の心に重ねた。

すべてを受け入れ、受け止める為に。

 

愛しているから離れるという選択をした彼女を、俺は責めるつもりは無い。

ただ、愛しているのなら、何処にも行かないで欲しい。

愛が無くなったのなら、そうしてもいい。

でも、そうでないのなら。

 

ゆっくりでいい。

君が俺の所へ戻る気持ちになるまで、俺は待つよ。

俺は、ちゃんと君を見ているから。

 

大丈夫。

俺がついてる。

俺が、君を支える。