オレガオモウコト

俺の愛している人は、結婚しています。

「ずっと」

 

俺にとって、彼女の存在は無くてはならないもの。

呼吸をするのと同じぐらい、俺にとっては必要不可欠な存在。

 

 この気持ちは、ずっと、ずっと変わらない。

 

 

彼女は、この「ずっと」という言葉があまり好きじゃない。

嫌いな訳ではないらしいが、ある時、そう思うのが怖いと言っていた。

 

信じて裏切られるのが怖い、と。 

 

どんなに俺の気持ちを伝えても、

どんなに深く、熱く愛し合っても、

心の何処かで怯えているように思える。

 

俺は、そんな彼女の心を少しずつ溶かしてきた。

付き合い始めてから、今までずっと。

 

「大丈夫だよ」

 

そう言い聞かせてきた。

 

俺は、君の事を裏切ったりなんかしない。

大丈夫。

俺は、ずっと君の事を愛し続ける。