オレガオモウコト

俺の愛している人は、結婚しています。

そばにいるよ

 

彼女は時々、愛し合った後、そのまま眠ってしまう。

俺は、そんな無防備な姿を見せる彼女も大好きだ。

 

 

汗が冷えて風邪をひくといけないから、俺はそっと彼女にタオルケットを掛ける。

そして、絡まった髪を綺麗に整え、頭をそっと撫でる。

 

さっきまでの大人の女の表情とは違い、子供のような寝顔の彼女。

俺は、それをずっと眺めるこの時間が好きだ。

 

俺は気怠さの残る体を彼女に寄せて、彼女が目を覚ますまで、ずっと見つめる。

愛し合う時間も幸せだが、このひと時もたまらなく幸せを感じる。

 

ふと、彼女が俺の方に向かって寝がえりをうつ。

そして、俺の胸の中にすっぽりと収まる。

安心しきった顔をして、口元に薄っすらと笑みを浮かべながら。

 

ある時、彼女は言った。

 

「いつまで、一緒にいられるのかな。」

「ずっとだよ。」

 

俺の言葉に、彼女は寂しげに微笑んだ。

 

俺は、ずっとそばにいるよ。

君の心がどんなに揺らいでも、ちゃんとそばにいる。

 

君の寝顔を見ていると、俺はいつもそう思う。