オレガオモウコト

俺の愛している人は、結婚しています。

愛しているよ

 

秘密の恋には、自由が無い。

会いたい時に会えない。

声を聞きたい時に聞けない。

 

触れたい時に、触れる事が出来ない。

 

そんな思いに駆られ、心が苦しくなる。

 

 

それでも別れを選択しないのは、二度と会えなくなる事が一番苦しいからだ。

 

俺には彼女という存在が必要で、彼女も俺の存在が必要。

お互いが同じ思いなら、離れる必要は無い。

 

たとえそれが、公に出来ない関係であっても。

 

彼女は俺にとって、何にも代えがたい愛しい存在。

失う事など、微塵も考えられない。

 

愛しているよ。

心から。