オレガオモウコト

俺の愛している人は、結婚しています。

君が悪い

 

「佐藤さんって、自分のことカッコイイって思ってる?」

 

唐突に、そう彼女が聞いてきた。

彼女の質問は、いつも予想が出来なくて面白い。

 

「思った事ないよ。」

 

俺は、込み上げる笑いをこらえて真剣ぶってそう答えた。

 

「どうして思わないの?こんなにカッコイイのに・・・。」

 

俺は、更に笑いをこらえる。

 

「じゃあ、カッコイイって、よく言われるでしょ?」

 

お。

質問を変えてきたな。

 

「目立つ、とは言われた事があるよ。」

「目立つ・・・。

うん。 そう言われると、そうかも!」

 

「あと、豊川悦司に似てるって言われた事がある。」

「あ・・・ほんとだ!似てる!」

 

まじまじと俺の顔を全方向から凝視する彼女。

そして、一言。

 

 

「やっぱりカッコイイ・・・。」

 

 

 

もう限界だった。 

俺は、笑いながら彼女の髪をくしゃくしゃにした。

 

「もー なんでそういうことするのー。」

 

それは、君が可愛いからだよ。

可愛い事ばかり言うから、しょうがない。

 

俺は何も悪くない。

可愛い君が、全部悪いんだ。