オレガオモウコト

俺の愛している人は、結婚しています。

もう離れられない

 

俺と彼女が出会った時、

彼女は結婚していることを隠していた。

でも、俺はなんとなく気付いていた。

 

だから、彼女が決心して本当のことを話してくれた時、

怒りもしなかったし、別れを切り出すこともしなかった。

 

「貴方のことを本当に好きになったから、もう黙っているのが辛かった。

 本当のことを話したら終わりになるかもしれないって思ったけど、もうこれ以上嘘をつけなかった・・・。」

 

 彼女は彼女で、苦しんでいたんだと思う。

 

「こんな私なんか、もう別れたいよね・・・。」 

 

「もう、遅いよ。 

 こんなに好きになったら、もう離れられない。」

 

彼女は泣きながら微笑み、俺に抱きついてきた。

何度も「ごめんなさい」と繰り返し言う彼女を、

俺は強く抱きしめ、安心させてあげた。

 

こんなに愛してしまったら、もう何を知っても無駄だよ。

俺は、君が俺のことを嫌いになるまで、君のそばにいる。

 

俺にとって、君は最後の女だから。